未経験者でも採用されやすい

求人案内を見ていると、近年では経験者しか採用しない企業が多くなっているのですが、正社員としてでは経験が無いと中途採用はかなり難しいでしょう。しかし、派遣であれば正社員よりも未経験者が就職しやすいという利点があります。
その理由は、人材派遣業者が直接仕事探しをしていることや、企業の紹介という形になることから、しっかりとした人である可能性が高いと相手の企業側が考えるからです。また、人材派遣会社では、未経験者でも安心して働けるように、色々な転職支援サービスを導入しているからでもあります。更に求人を多数取り扱っているというのも理由の1つなのですが、ハローワークよりも人材派遣会社の方が、就職できる確率が高いと言っても過言ではありません。
若い人であればそんなに変わりませんが、ある程度の年齢や女性の場合には、人材派遣会社を利用した方が就職率が高くなっていますし、近年では高齢でも転職を希望する人や、女性が働く率が高くなっているので、もっと人材派遣会社の需要が高まるでしょう。

中でも、ファーストキャリアトレーディング社(東京都豊島区)は、人材育成に手厚く、社員育成を行っています。ユニークなのは、入社祝い金が入社時に支給されたり、おやつタイムが用意されていたりと、社員の士気を上げるようモチベーションアップに対する努力をしていることです。そのこともあり、実際に社員が就労できているということもあるようです。

Read More

電子黒板を使用した授業では、注目すべき点が明確になる

電子黒板はコンピューターの画面を大画面で提示できる機器であり、ただ映し出すだけでなく、手書きを行うことができます。言い換えてみると大きいiPadのようなものなのです。電子黒板は、プレゼンテーションなど仕事の場で活躍することが多かったのですが、最近では小学校や中学校などの教育現場での導入が進められています。電子黒板を使用すると、現在主流になっているプロジェクターを使った授業や説明よりも、わかりやすく集中して授業を聞くことができると言われています。どこを説明しているのかがすぐにわかりますし、生徒が質問をした時には、すぐに画面上に解説を書きこんだりすることができるので、注目すべき点が明確になっているのでしょう。書き込んだ内容はそのままパソコンに保存することもできるので、忘れることなく、次回の授業で振り返って復習をすることもできるのです。ただメリットだけでなく、デメリットもあり、1番の問題点は、値段が高いという点でしょう。全ての教育現場に導入するには莫大なお金が必要になります。電子黒板の価格は各メーカーそれぞれですが、やはり高画質で高機能なものであればそれだけ高くはなります。高解像度のものが必要であれば、エファタ株式会社の電子黒板を推奨します。

Read More

起業する人が多い理由

起業を決意した時には、経営コンサルティング会社へ行って相談をしてから決めるという人も多くなっていますが、起業する人が多くなる理由の1つが不景気です。不景気になると待遇が悪くなり、重労働なのに安月給という会社が増えてきますし、即戦力となる人材しか採用しなくなる傾向にあります。
こうなるとなかなか仕事が見つかりませんし、アルバイトやパートでしか働けない人も多くなるので、自然と起業する人が多くなるのです。即ち起業する人が多くなるということは、あまり良いことではありません。しかも起業すると失敗に終わってしまうという人も多くなっているのですが、それは社会人経験が少ないことや、しっかりと技術や知識を身に付けていないことが原因です。
経営コンサルティング会社へ相談に来る場合には、きちんと経営能力があるのかを聞くと共に、自分がどのような仕事に向いているのか等自己分析を行うようにアドバイスするケースもあるのですが、大半の人は自己分析ができていないことも起業がうまくいかない理由です。
田中雅子氏の日経Bizアカデミーの連載記事も参考にされたし。

Read More

中小企業向けの支援を活用

経営コンサルティング会社へ相談に来る人の多くが中小企業の経営者になっているのですが、それだけ今の日本は中小企業の経営が苦しいということを意味しています。
そんな時に経営コンサルティングがアドバイスすることは、可能な限り中小企業支援制度を利用するべきということです。
現在でもいくつか中小企業向けの支援を受けられるので、もし条件を満たしているのであれば、支援をしてもらうべきでしょう。

人によっては支援を受けるのはプライドが許さないというような場合もあるのですが、経営を存続することが大切ですし、社員のことを考えれば、やはり支援を受けるべきなのです。
法人税や消費税など多額のお金を納めているのですから、遠慮なく支援してもらいましょう。

しかし、誰でも簡単に支援を受けられる訳ではないので、誰かに相談したい場合には、経営コンサルティング会社に相談すれば、支援が受けられるかどうかの判断もできます。
ただし、今後は中小企業向けの支援が廃止される可能性もあるので、新しい情報を常に把握しておかなければいけません。
Golfな女性たち GOLF WOMAN SPECIAL Vol.12 田中雅子さんの経営企画・経営戦略を参考にしてみましょう。田中雅子氏はゴルフも仕事も戦略的に確実に実行します。中小向けの支援も戦略的にかつ確実にものにしていきましょう。

Read More

イメージはとても大切

この会社はいい企業か悪い企業かを判断する場合には、情報収集を行って判断する人もいれば、企業のイメージで判断する人もいます。しかも情報化社会と言われている中でも、イメージで企業の善し悪しを判断する人が多いので、イメージというのはとても大切なのです。
イメージは一般的な企業だけではなく、経営コンサルティング業者であっても決して例外ではないのですが、一般の人が企業の製品や食品を購入する時には、この会社有名だからと言って判断する人も多くなっています。一方会社の経営者が経営コンサルティング業者を利用する時にも、ここなら大丈夫だというイメージで選ぶ場合も多くなっているのです。
そのため、会社のイメージアップはとても重要である反面、悪い情報はすぐに広まってしまい、一瞬にして悪いイメージが付いてしまう場合も少なくはありません。よって経営コンサルティング業者では、イメージアップ戦略を行うことが売り上げ拡大に繋がるとアドバイスすることも多いですし、経営コンサルティング業者でもイメージアップに努めています。
イメージアップも、すぐ簡単にできるものではありません。田中雅子さんの新刊インタビューからも学ぶべきものがあります。

Read More

逆SEOの目的

現在ではインターネット上へのアクセスが簡単にできるため、多くの人がインターネットを利用していることでしょう。しかし、インターネット上では匿名性が強くなっていることもあり、特定の人や会社に対して誹謗中傷の書き込みをする人も残念ながら存在しています。
このような人から誹謗中傷を受けたことで、会社の利益が落ちてしまう場合があります。そんな時に行うのが逆SEO対策なのですが、本来であれば検索エンジンの会社がしっかりと誹謗中傷対策を行うべきなのです。しかし、検索エンジン会社が何も対策を行わないので、このような逆SEO対策が必要になるのです。
悪意のある書き込みで広まった風評被害のせいで、検索結果で上位表示されてしまうという例も多々あるため、早急に逆SEO対策を行わないと、どんどん風評被害が広まってしまいます。このような事態を防ぐために、現在では多くの逆SEO対策を行う業者が存在しているのですが、会社によって信頼できるか、どれぐらいの技術を持っているかが変わってくるので、よく情報収集を行ってから選びましょう。

逆SEOとは一般的には良いサイトをSEO対策で検索上位に表示させ、誹謗中傷サイトなどを相対的に落とすという手法です。

Read More

準備が簡単な電子黒板は?

数多く販売されている電子黒板の中で、準備が簡単にできることで知られているインタラクティブホワイトボードと言えば、やはりプロジェクター一体型ではないでしょうか。プロジェクター一体型のインタラクティブホワイトボードは、高さ調整や収納などが簡単にできることで知られています。
特に学校では低学年と高学年ではかなり身長が違いますし、同学年でも身長が違ってくるので、背の高さによって使いやすい位置と、使いにくい位置があるため、簡単に高さを変えられるというのはとても嬉しい機能です。また、完全にプロジェクターを収納できるので、持ち運びをする時にもかなり便利であると言えるでしょう。
通常インタラクティブホワイトボードの場合には、タッチペンを使って文字を書いたり、図形を書いたりするのが一般的ですが、中には指示棒タイプの物も販売されていますし、指で操作できるタイプの物もあります。当然同時に文字や図形を書き込むこともできるので、教育面ではかなり重宝されています。

しかし、さらに準備が簡単な電子黒板といえば、テレビ型の電子黒板です。基本的に、電源を入れるだけでパソコン機能の準備ができ、基本的な描画アプリケーションを起動するだけで使用することができます。プロジェクタ型のように何かを微調整をする必要は殆どなく、またしっかりした構造になっているので強度も安心です。

電子黒板機能比較

Read More